TOPICS

研修の様子

職能研修「特別支援学校養護教諭研修会」

職能研修「特別支援学校養護教諭研修会」を開催いたしました。

講義では、国や県の特別支援教育の現状や施策、改訂された特別支援学校学習指導要領、障がいの特性とその配慮事項等について理解を深めました。協議では、コロナ禍における感染拡大防止のための各校の取組みについて話し合いました。

研修者からは、「障がい特性の理解とその配慮事項については、とても参考になった。」「協議では、他の障がい種の児童生徒の話や、他校の感染症対策についての状況を聞くことができ、大変参考になった。2学期からの指導に役立てたい。」等の感想がありました。

基本研修 特別支援学校2年次教員フォローアップ研修「教科指導研修」

基本研修 特別支援学校2年次教員フォローアップ研修「教科指導研修」を実施しました。

講義では、福島県版「校長及び教員としての資質の向上に関する指標」や中央教育審議会答申等を用いながら、2年次教員として求められる資質や能力を確かめました。協議1では、研修者が自分の研究課題について、同じグループの研修者から質問や意見をもらいながら、2学期以降の取組みの見通しを持ちました。協議2では、研修者同士で、教師として身に付けたい資質や能力について意見を交わし合いました。

研修者からは、「具体的な資料や根拠を基に説明いただき、2年目の自分はどんな力を身に付けることが必要なのか、自分の目標を改めて認識することができた。」「協議では、様々な障がい種の学校の先生がいて、まだ自分が経験していないことを知ることで、視野を広げることができた。」「教師としての使命感を、今一度、強く持つことができた。」等の感想がありました。

自主研修「特別支援学級等担当講師のための学級経営・授業づくり講座 ~基礎編~」

自主研修「特別支援学級等担当講師のための学級経営・授業づくり講座」を実施しました。

講義では、「特別支援学級等の学級経営」というテーマで、特別支援学級担当者と通級指導教室担当者に分けて、学級経営、授業づくり等について理解を深めました。また、演習では、「自立活動」の目標設定に取り組み、一人一人の実態に応じた指導を行うために個別の指導計画作成を行いました。

研修者からは、「個別の指導計画の作成の仕方が理解できた。短時間で作成することができ、役立つ研修だった。」「個別の指導計画を作成するにあたり、解説自立活動編を活用する必要性を強く感じた。」「演習がとても勉強になった。子どもたちの中心課題を踏まえ短期目標を設定し、必要な手立てを実践して、丁寧に解決・改善を図りたい。」等の感想がありました。

専門研修「特別支援学級の学級経営」

専門研修「特別支援学級の学級経営 ~教育課程と授業づくり~ 」を実施しました。

講義では、特別支援学級の教育課程や保護者との連携の在り方等、学級経営において大切にする基礎的な事項について理解を深めるとともに、講義・演習を通して、自立活動の指導目標の設定を行いました。

研修者からは、「初めて特別支援学級の担任となり、見通しが持てずに困っていた。教えていただいたこと全てが参考になった。」「自立活動をどのように実践していくかというヒントがたくさんあったので、とても勉強になった。」「自立活動の時間における指導内容について悩んでいたが、実態を整理することでヒントが見えてきた。」等の声が聞かれました。

専門研修「通常の学級で学ぶ多様な児童生徒が共に学ぶための指導の充実」

専門研修「通常の学級で学ぶ多様な児童生徒が共に学ぶための指導の充実 ~ユニバーサルデザインの視点を取り入れた授業づくりと合理的配慮~ 」を実施しました。

講義では、授業のユニバーサルデザインや合理的配慮について理解を深めるとともに、演習を通して、特別な支援を必要とする児童生徒をはじめ多様な児童生徒が共に学ぶ授業づくりのヒントを学びました。

研修者からは、「合理的配慮について、道徳の時間に取り上げたいと考えていたので大変勉強になった。」「リフレーミングの視点で子どもたちの言動を捉え、子どもの良さに気づいていきたいと思う。」「多様性を踏まえ、ユニバーサルデザイン等の考え方を取り入れながら、児童生徒への対応を充実させたい。」等の声が聞かれました。