TOPICS

TOPICS

専門研修「特別支援学校における重度・重複障がいのある児童生徒の理解と授業づくり」

専門研修「特別支援学校における重度・重複障がいのある児童生徒の理解と授業づくり」を実施しました。

「自立活動」の内容を中心とした学習指導要領の理解や、重度・重複障がいのある児童生徒の授業づくり、かかわり合いについて講義・演習をとおして理解を深めました。

午後は公開講座として、宮城教育大学 教授 菅井裕行先生から「重度・重複障がいのある児童生徒の理解と授業づくり」と題してご講義をいただき、児童生徒とのやりとりの形成・促進のための状況工作について学びました。

研修を終えて、受講者からは「授業を構築していく上で『かかわること』『コミュニケーションを図ること』の大切さを教えていただいた」「学校に戻ってから、チームとして実態把握を再度行うことを提案し、夏休みに実施したいと思った」「菅井先生のお話が自分の生徒に対してのやりとりを振り返るきっかけとなった」等の感想が寄せられました。

専門研修「自立活動の指導の充実 ~新学習指導要領を踏まえて~」

専門研修講座「自立活動の指導の充実 ~新学習指導要領を踏まえて~」を実施しました。

障がいのある児童生徒の特性理解と自立活動の基本的な内容や意義について講義をとおして理解を深めました。また、児童生徒の実態把握から課題を整理し、自立活動の指導目標と指導内容を設定する演習を行いました。

研修を終えて、受講者からは「目標設定や課題を考える時の整理の仕方が参考になった」「個別の指導計画を作成する際の手順等を担当する児童の計画を作成しながら学ぶことができて良かった」「演習を行うことで実践へとつなげられる研修だった」等の感想が寄せられました。

専門研修「発達障がいのある幼児児童生徒の基礎的な理解と対応」

専門研修講座「発達障がいのある幼児児童生徒の基礎的な理解と対応」を実施しました。

講義をとおして、特別支援教育に関する最新の動向や発達障がいのある子どもの教育について理解を深めるとともに、発達障がいの特性を理解するための演習を行いました。また、「支援をする上での課題と今後の取り組み」と題して協議を行い、子どもの支援について研修者同士意見を出し合いました。

研修を終えて、受講者からは「法令や施策、障がいの種類等について詳しく聞くことができて参考になった」「読み書きの困難さを体験することで、子どもの視点になって支援を考えることの大切さがわかった」「協議で取り組んだケース会議の手法は、早速夏休みに園でも実践したい」等の感想が寄せられました。

基本研修 特別支援学校経験者研修Ⅱ「共通研修」

6月25日~27日の3日間にわたり、特別支援学校経験者研修Ⅱ「共通研修」を実施しました。

採用後11年目の先生を対象に、特別支援教育の動向や学習指導要領、教職員の服務と勤務について、講義をとおして理解を深めるとともに、中堅教員としての組織づくりについても学びました。また、「障がい者雇用の取り組みについて」と題して、県内企業の担当者の方からお話をいただき、児童生徒の自立と社会参加について企業の取り組みを知ることができました。

さらに、これから実施する研究授業について、授業改善の視点(主体的・対話的で深い学び)で小グループによる協議を行いました。

3日間の研修をとおして、研修者からは、「学習指導要領を読む機会を増やし、授業に役立てたい」「単元等のまとまりを見通した学びの確認シートでの話し合いを生かし、授業づくりをしたい」「育成を目指す資質・能力や<主体的・対話的で深い学び>の視点を取り入れた授業づくりについて悩んでいたが、協議で確認できた」「企業が求める人材やスキル等はこれからの授業づくりのヒントになった」等の感想が寄せられました。

基本研修 特別支援学校経験者研修Ⅰ

6月19日~21日の3日間にわたり、特別支援学校経験者研修をⅠを実施しました。

採用後6年目の先生方を対象に、特別支援教育の動向や学習指導要領、教職員の服務と勤務について講義をとおして理解を深めるとともに、授業づくりについて協議を行いました。また、「特別支援学校の教員に期待すること」と題して、元県立特別支援学校父母と教師の会会長の渡部益英様より御講話をいただきました。特別支援学校在学中に身に付けたことが現在につながっていることや、共に悩み考えてくれる教員の存在が、保護者の支えになっていることなど、エピソードをまじえてお話しいただき、教員として大切なことを改めて考えることができました。

3日間の研修をとおして研修者からは、「学習指導要領をよく読み、理解して、児童生徒の資質・能力を育むことができる授業を展開できるように取り組んでいきたい」「対話的な講座・演習でたくさんの先生方の考えに触れ、自分を見つめなおすことができた」「授業づくりについて目標設定の視点から考えることができ、すぐに実践に活かしたいと思った」等の感想が寄せられました。