TOPICS

TOPICS

職能研修「通級指導教室担当教員研修会」

職能研修「通級指導教室担当教員研修会」を実施しました。

小・中学校から57名の先生方が受講しました。

講義・演習をとおして、自立活動の指導における目標設定や指導内容について理解を深めました。また、国立特別支援教育総合研究所における研修・研究報告をとおして、特別支援教育の動向や施策等について最新の情報を知る機会となりました。

午後は公開講座として、植草学園短期大学 堀彰人先生から「通常の学級と通級による指導の連携~双方の視点からの効果的な連携について~」と題してご講義をいただきました。

研修を終えて、受講者からは「自立活動の指導、内容、捉え方を理解することができた」「研究報告では先進校や先進的な取組をしている自治体の実践について知ることができ参考になった」「担任の先生との連携が『機能するもの』となるための情報交換の仕方について学べて良かった」等の感想が寄せられました。

専門研修「多様な学びを支える心理教育的アセスメント」

専門研修「多様な学びを支える心理教育的アセスメント」を実施しました。

小・中学校、高等学校、特別支援学校から29名の先生方が受講しました。

アセスメントの概要と心理アセスメントを生かした児童生徒の指導・支援について研修を行いました。また、心理アセスメントの実際について心理判定員の方から事例をもとにした話を伺い、一層理解が深まりました。

午後は、アセスメントをもとにしたケース検討を小グループで実施し、児童生徒の強みや弱みを踏まえた指導・支援方策について意見を出し合いました。

研修を終えて、受講者からは「アセスメントの方法がよくわかった。」「検査結果から指導計画を作成する過程について演習できてよかった。」「心理判定員の先生のお話を初めてお聞きすることができて貴重な時間だった。」等の感想が寄せられました。

専門研修「特別支援学校における重度・重複障がいのある児童生徒の理解と授業づくり」

専門研修「特別支援学校における重度・重複障がいのある児童生徒の理解と授業づくり」を実施しました。

特別支援学校から26名の先生方が受講しました。

「自立活動」の内容を中心とした学習指導要領の理解や、重度・重複障がいのある児童生徒の授業づくりについて、講義・演習をとおして理解を深めました。

午後は公開講座として、宮城教育大学 教授 菅井裕行先生から講義をいただき、児童生徒とのやりとりをとおした児童生徒理解とかかわりあい、理解にもとづいた授業づくりについて学びました。

研修を終えて、受講者からは、「自立活動の捉え方について、理解を深めることができた」「子どもたちとの向き合い方を再確認できた」「子どもとのかかわり合いや、共創するコミュニケーションについて、原点に立ち返ることができた」等の感想が寄せられました。

 

専門研修 「知的障がいのある児童生徒の特性と授業づくり」

専門研修「知的障がいのある児童生徒の特性と授業づくり」を実施しました。

小・中学校、特別支援学校から20名の先生方が受講しました。

児童生徒の特性理解と授業づくりの基本的な内容について、講義・演習をとおして理解を深めました。

また、協議では、明日からの授業づくりについて話し合い、よりよい授業にするための意見を出し合いました。

研修を終えて、受講者からは「子どもの見え方、感じ方を常に意識して、子どもたちとかかわっていきたい。」

「協議で小・中、特支と様々な校種の先生のお話を聞くことができ、参考になった。」等の感想が寄せられました。

基本研修 特別支援学校経験者研修Ⅱ「共通研修」

6月27日~29日の3日間にわたり、特別支援学校経験者研修Ⅱ「共通研修」を実施しました。

 採用後11年目の先生方を対象に、特別支援教育の動向や学習指導要領、服務と勤務について、講義をとおして理解を深めるとともに、中堅教員として組織づくりについても学びました。また、「障がい者雇用の取り組みについて」と題して、県内企業の採用担当者よりお話をいただき、児童生徒の自立と社会参加について企業が求める資質・能力から考えることができました。

 さらに、これから行う研究授業について、授業改善の視点(主体的・対話的で深い学び)で小グループによる協議を行いました。

 3日間の研修をとおして、研修者からは「特別支援教育の動向や学習指導要領について理解が深まった」、「中堅教員としての自覚を持つことができた」、「小学部にいると進路についてあまり意識してこなかったが、企業が求める資質・能力について話を伺うことができよかった」、「演習をとおして、多方面から貴重な意見やアドバイスをいただき、授業の方向性が定まった」等の感想が聞かれました。