TOPICS

TOPICS

職能研修 特別支援学校 特別支援教育コーディネーター研修会

特別支援学校の特別支援教育コーディネーター研修会を実施しました。講義や実践発表をとおして、特別支援学校の特別支援教育コーディネーターの役割、センター的機能の在り方、国や県の教育施策、コンサルテーションの進め方等について理解を深めました。

午後は、星槎大学大学院 准教授 阿部利彦先生から「通常の学級におけるユニバーサルデザインと合理的配慮」について御講義をいただきました。阿部先生の講義は公開講座とし、幼稚園、小・中学校、高等学校の先生方にも御参加いただきました。

今年度、本センターでは今回の講座のほかに、7つの公開講座を実施します。興味のある方は、是非、お申し込みください。(講座開催1ヶ月前まで申し込みを受け付けています!)

職能研修 高等学校特別支援教育コーディネーター研修会

5月15日~24日にかけて、県内5地区において高等学校特別支援教育コーディネーター研修会を実施しました。講義・実践発表・協議をとおして、特別支援教育の最新の動向や、コーディネーターの役割について理解を深めるとともに、各校の取組について情報交換を行いました。

職能研修 特別支援学級新任担当教員研修「共通研修」

福島県環境創造センター 交流棟(コミュタン福島)を会場に、上記の研修を実施しました。今年度は、県内各地から約140名の先生方の参加がありました。

講義では、「特別支援学級の学級経営」「障がい特性の理解」「自立活動」について、演習を交えながら理解を深めました。また協議では、研修者が解決したい課題を出し合い、その一つ一つについて意見交換をしました。

  

  

基本研修 特別支援学校初任者研修「一般研修」

4月11日、12日の2日間、本センターを会場に上記の研修を実施しました。

開会式では、福島県教育委員会教育長があいさつを述べ、初任者へ激励のメッセージを送りました。初任者は2日間の研修をとおして、特別支援教育の担い手としての自覚をもつとともに、福島県の特別支援教育の特色や今日的課題及び教職員の服務、子どもの理解と関わりについて理解を深めました。

  

  

  

 

基本研修 特別支援学校初任者研修「宿泊研修(二次研修)」

2月7日から9日までの3日間、いわき海浜自然の家を会場に上記の研修を実施しました。

本センター企画事業部長による講話や、「本人参画と関係諸機関連携」「特別支援学校における学級経営」「小・中学校における特別支援教育」「福祉現場の実際」「二年次教員フォローアップ研修の意義」をテーマにした5つの講義、先輩教員による実践発表等をとおして、特別支援教育に関する知見を広げました。また、「子どもの学びを充実させる教材・教具」について自らの実践を紹介し合いながら協議をしたり、2年目に向けての抱負を発表したりすることで、特別支援教育の担い手としての自覚を促し、教員としての資質をさらに高めることができました。