TOPICS

TOPICS

初任者研修カウンセリング研修を実施しました

6月14,15日の2日間にわたり、初任者研修カウンセリング研修を行いました。
4月の研修に引き続きセンターでの2回目の研修となる今回は、教育相談の内容や児童生徒理解の方法について研修を深めました。また、教員自身のメンタルヘルスについての研修も行い、その重要性と、維持・向上についても理解を深めました。

  
  
  
  

小・中学校特別支援教育コーディネーター研修会を実施しました

6月1日~7日にかけて、小・中学校の特別支援教育コーディネーター研修会を実施しました。総計155名の先生方に受講していただき、特別支援教育の最新の動向や、コーディネータの役割について理解を深めました。
午後には、各校より持参いただいた資料をもとに「子どもの力を引き出す配慮や支援のあり方」について協議を行い、情報交換を行いました。

  

  

特別支援学校 特別支援教育コーディネーター研修会を実施しました

県内25校の特別支援学校の特別支援教育コーディネーターの先生方の研修会を実施しました。講義や大笹生支援学校の実践発表から、学校支援や地域のニーズに応じた取組の現状と課題について研修を深めることができました。

午後は、星槎大学の三田地真実先生を講師にお招きし、「特別支援教育コーディネーターに求められるファシリテーション力」についてご講義をいただきました。

 


高等学校特別支援教育コーディネーター研修会を実施しました

5月12日~19日にかけて、高等学校の特別支援教育コーディネーター研修会を実施しました。研修の目的は、インクルーシブ教育システムの理解を深め、校内支援体制の構築や生徒への配慮・支援等についての役割を研修し、特別支援教育の校内でのコーディネート力の向上を図ることです。
各地区ごとに、特別支援教育の動向についての講義の他、地区の優れた実践の発表、チームによる指導や支援のあり方について演習を行いました。

  
  
  

特別支援学級等新任担当者研修会を実施しました

今年度、初めて小・中学校の特別支援学級又は通級指導教室の担当になった先生の研修会を行いました。特別支援教育に携わる教員としての資質を高めることを目的に、特別支援教育に関する基礎的事項や、障がい特性とその対応について理解を深めました。
県内各地から100名を超える先生方にお集まりいただき、講義・実践発表・協議を通して、特別支援教育の理解を深めるとともに、情報交換を行いました。