TOPICS

職能研修「通級指導教室担当教員研修会」

職能研修「通級指導教室担当教員研修会」を実施しました。

講義・演習をとおして、自立活動の指導における目標設定や指導内容、指導方法等について理解を深めました。また、選択研修では総合療育センターの言語聴覚士の方から言語・発音に関する指導、作業療法士の方から体の動きや感覚等における指導について講義をいただきました。

午後は公開講座として、宮城女子学院大学 教授 梅田真理先生から、「学びの連続性の中で通級による指導を考える~小・中・高におけるそれぞれの役割~」という題で講義をいただきました。

研修を終えて受講者からは、「通級指導の役割について、大切なことを学ぶ機会になり、大変参考になった」「自立活動の授業づくりや児童の実態把握の大切さがわかった」「選択できる研修があったので、自分の知りたい情報を得ることができた」「梅田先生の講義は、とても具体的で通級での指導・支援に参考になることばかりだった」等の感想が寄せられました。